投資の原則について

バフェットの投資哲学

投資の原則は「損をしないこと」

著名で世界的なインベスターであるウォーレン・バフェット氏の運用哲学は、以下のようなものです。第一の原則は損をしないこと。そして第二の原則は、第一の原則を忘れないことです。ウォーレン・バフェット氏はまた、自分のよく知らない株には投資をしないことでもよく知られていますが、これはこの原則を徹底していることから来ていると考えることもできるでしょう。すなわち、この株には将来性があるなどという話にのせられて、良く自分ではわからない株に投資をし、損をしてしまうというようなことを防止しているということなのです。

世界的に活躍している企業を選ぶ

バフェットは、世界的に有名な投資家のひとりとしてその名をしられています。1930年にネブラスカ州に生まれました。はじめて株式投資をおこなったのは、11歳のときです。バフェットの手法は、長期的な手法です。良い銘柄をタイミングをはかって買い、長期的に保有をし続けて資産を増やしていくものです。長期で持ち続ける際には、いくつかの注意点があります。例えば、グローバルな展開をおこなっている企業を選んでいくことがそのひとつです。昨今の状況から鑑みると、これからは日本国内だけでなく、これから発展していく世界中の企業に目を向けることが大切です。

↑PAGE TOP