バフェットの投資傾向

投資の基本ルールとは

投資家バフェットの保有銘柄

世界的に成功とした投資家としては、ウォーレン・バフェットが有名です。好みの銘柄としては、強い製品やサービスを保有しており、長期でビジネスが安定している企業が挙げられます。保有をしているセクターとしては食品や金融、生活用品などが多くなっています。バフェット銘柄としては、コカ・コーラやアメリカンエキスプレス、ウェルズファーゴ、IBMの4つが大きな保有率を維持しています。これらの企業は長期で業績が拡大していくことが期待できるため、個人投資家などでも同じようなビジネスモデルの企業の株式を発掘しようとする動きが出ています。

ウォーレン・バフェット氏の手法

資金運用に興味がある方ならウォーレン・バフェット氏の名前を有名な投資家として一度は聞かれたことがあると思います。しかし、彼の名前は知っていてもどのような投資手法なのか知らないかたのために、その手法の概要を説明します。ルールの一つ目は「知らない企業は買わない」です。自分がその企業の事業内容をよく知っており、そしてその事業が長期にわたって継続するとういう見込がある場合に、その企業の株を買うのです。二つ目は「安く買う」です。短期的に売買を繰り返す手法ならば高くても上昇中の株価に乗っかるというものもありますが、長期保有がスタンスの場合、事故などの発生で株価が急落したときに購入するのです。三つめは「解散価値より収益率を重視する」です。つまりPBRよりPERやROEを基準にして株を買うのです。

↑PAGE TOP